ブログ

宿日直許可がおりました

昨年から関与させていただいている病院の宿日直許可がおりました。

大事な仕事を一つやり遂げることができ、ほっとしております。

お忙しい中、日誌を書いてくださった医師の皆さま、それを集めてくださった事務の皆様、当事務所のスタッフに感謝申し上げます。

宿日直許可を取得しているかどうか、許可を受けていない場合は今後取得する予定があるのかどうか、その進捗状況はどうか、医師を派遣する側の病院(大学病院等)は気にしています。

昨年から、宿日直許可を取得しているかどうかアンケートが、医師の派遣を受けている病院には送られてくるようになりました。

派遣元の病院によっては、2024年4月までまだ時間があるにも関わらず「宿日直を取得していない場合は、2023年4月から医師は派遣しません」と明記しているところもありました。

なぜなら、労働時間というのは派遣元の病院と派遣先の病院の労働時間を通算してカウントするからです。

ここで、派遣元の病院の労働時間に余裕があればいいですが、余裕がない場合は「宿日直許可を取得していない先には今後医師は出せません」となってしまうのです。

ですので、2024年4月の医師の時間外労働の上限規制が始まるため、宿日直許可の取得は多くの病院が取り組んでいるはずです。

私のこちらの関与先病院は宿日直許可がおりたので、改めて労働時間を正確に集計し、医師の働き方改革への準備を進めていきます。

Follow me!

関連記事

  1. 最低賃金引上げ!業務改善助成金を活用しましょう
  2. くるみん認定プラチナくるみん認定を受けた中小企業事業主に、50万…
  3. 医師の働き方改革って何?①
  4. 雇用保険のマルチジョブホルダーとは
PAGE TOP
PAGE TOP